メルセデスAMG E63 に改良新型、6月18日にデジタルワールドプレミア

メルセデスAMG E63 S 4MATIC+ 改良新型のティザーイメージ
メルセデスAMG E63 S 4MATIC+ 改良新型のティザーイメージ全 7 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツは6月16日、改良新型メルセデスAMG 『E63 4MATIC+』を6月18日14時(日本時間6月18日21時)、デジタルワールドプレミアすると発表した。

同車は、メルセデスベンツ『Eクラスセダン』をベースにした高性能なAMGモデル。欧州では、Eクラスセダンに改良新型が発表されており、これに準じた変更が施される見込みだ。

現行型のパワートレインは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを、2個のターボで過給したユニットだ。スポーツカーの『メルセデスAMG GT』譲りのこのエンジンは、「S」グレードの場合、最大出力612hp/5750~6500rpm、最大トルク86.7kgm/2500~4500rpmを引き出す。

このスペックは、標準グレードの最大出力571hp/5750~6500rpm、最大トルク76.5kgm/2250~5000rpmに対して、41hp、10.2kgmパワフルな数値だ。

トランスミッションは、「AMGスピードシフトMCT」の9速。駆動方式は、フルタイム4WDのAMGパフォーマンス仕様の「4MATIC+」で、駆動トルクの可変配分が可能。0~100km/h加速は標準グレードより0.1秒速い3.5秒で駆け抜ける。最高速は250km/hでリミッターが作動する。オプションの「AMGドライバーズパッケージ」では、リミッターが300km/hに引き上げられる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+ カブリオレ 改良新型
  • メルセデス E63 S 4MATIC+ ステーションワゴン 改良新型
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+ クーペ 改良新型
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ EV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ