トヨタ GRスープラ に2021年型、「A91エディション」も設定…米国発売

3.0リットル直6ターボはプラス47hpの382hp

再チューンされたサスペンション

専用ブルーのボディカラーをまとった限定車

トヨタ GR スープラ の2021年モデル(北米仕様)
トヨタ GR スープラ の2021年モデル(北米仕様)全 23 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車の米国部門は6月17日、『GRスープラ』(Toyota GR Supra)の2021年モデルを米国市場で発売した。

3.0リットル直6ターボはプラス47hpの382hp

2021年モデルでは、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを改良した。エキゾーストマニホールドは、ポートを2個から6個に増やしたデュアルブランチ構造とした。さらに、新設計のピストンの採用により、エンジンの圧縮比を11:1から10.2:1に変更している。大幅に改良されたエンジンは、より高い回転数でより高いトルクを生み出し、タービンのような滑らかさで回転を維持するという。

これにより、米国仕様の場合、最大出力は382hp/5800-6500rpm、最大トルクは50.9kgm/1800-5000rpmを獲得する。従来型に対して、47hp、0.4kgmの強化となる。トランスミッションは、引き続きパドルシフト付きの8速ATだ。0~96km/h加速は3.9秒と、従来の4.1秒から0.2秒の短縮を果たした。

再チューンされたサスペンション

2021年モデルでは、フロント部にブレースを追加し、ボディ剛性の強化を図った。それに合わせて、サスペンションを再チューニングすることで、コーナリング中の安定性を高めている。

電動パワーステアリング(EPS)、アダプティブバリアブルサスペンション(AVS)、VSC、アクティブディファレンシャルのプログラミングも見直され、ハードウェアの変更と連動して、複合コーナーなどにおいても、走行安定性を引き上げているという。トヨタ GR スープラ A91エディション(北米仕様)トヨタ GR スープラ A91エディション(北米仕様)

専用ブルーのボディカラーをまとった限定車

2021年モデルには、「A91エディション」が設定された。米国市場で1000台を限定発売する。A91エディションは、GRスープラの米国発売記念限定車として、1500台が完売した「ローンチエディション」に続くGRスープラの限定車だ。GRスープラの型式の「A90」に由来するネーミングとなる。ボディカラーは、「ノクターナル」とA91エディション専用の「リフラクション」の2色から選択できる。

GRスープラのコンセプトカーにインスパイアされたボディには、リアにブラックカーボンファイバー製リップスポイラー、マットブラックホイール、Cピラーのブラックグラフィックス、カーボンファイバー製ドアミラーカバーを装備する。インテリアには、ブルーのステッチを備えた専用のブラックアルカンターラレザートリムを採用した。2つの専用キーケースとトランクマットも付属する。トヨタ GR スープラ A91エディション(北米仕様)トヨタ GR スープラ A91エディション(北米仕様)

A91エディションでは、フロントのブレンボ製ブレーキキャリパーが赤く塗装され、「TOYOTA Supra」の白いロゴが添えられる。8.8インチのタッチスクリーンオーディオを標準装備した。10スピーカーシステムと運転席には14方向のパワー調整機構も採用される。

A91エディションでは、「セーフティ&テクノロジーパッケージ」が、オプションで選択できる。このパッケージには、全速度域対応のダイナミックレーダークルーズコントロール、ブラインドスポットモニター(BSM)、リアクロストラフィックアラート(RCTA)、緊急ブレーキ機能付きパーキングセンサー、ナビゲーションシステム、12スピーカー500WのJBLオーディオシステム、Apple「CarPlay」がセットされる。

また、「スープラコネクテッドサービス」が、最大4年間付帯する。リモートサービス、リモートメンテナンス、自動緊急コール、リアルタイムの交通情報、コンシェルジュサービス、盗難車両の発見、地図の更新が含まれている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ