ヒュンダイ、「エラントラ」ベースの新TCRマシンを極秘開発中

ヒュンダイ エラントラTCR プロトタイプ(スクープ写真)
ヒュンダイ エラントラTCR プロトタイプ(スクープ写真)全 10 枚写真をすべて見る

コロナウイルスの影響により世界的にモータースポーツは中止または延期を余儀なくされている。そんな中、ヒュンダイは『エラントラ』をベースとする新レーサーの極秘開発を進めていた。プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

エラントラは、1990年に初代が誕生。1995年に2代目、2000年に3代目と比較的短いサイクルでフルモデルチェンジを繰り返し、2006年には同社初であり韓国初のハイブリッドモデルが4代目に設定された。現行型は2020年に誕生したばかりだ。

レースにこだわるヒュンダイは、『i30N TCR』を開発。2018年のWTCR(世界ツーリングカップ)でチャンピオンマシンとなるなど活躍を見せている。また2019年には『ヴェロスター』をベースとした『ヴェロスターN TCR』を発表、i30N TCRと85%のコンポーネントを共有し、2.0リットル直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載、最高出力350psを発揮する。

現在開発が進められているエラントラをベースとしたプロトタイプは、遠目ながら、フロントに大型のエアインテーク、バンパーにカナード、ボンネットにエアーバルジを装備していることがわかる。前後フェンダーは大きく張り出し、大型の固定リアウィングも確認できる。

たびたび日本市場再参入の噂が浮上するヒュンダイだが、モータースポーツでの活躍も目が離せない。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ