現行ジープ ラングラー 初のソフトトップ「ブラック&タン」、150台限定で発売へ

ジープ・ラングラー・ブラック&タン
ジープ・ラングラー・ブラック&タン全 15 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、ジープ『ラングラー』に、ブラックのボディとタン(淡い茶色)のソフトトップを組み合わせた限定車「ブラック&タン」を設定し、7月4日より150台限定で販売する。

価格は2ドアの「ラングラー・ブラック&タン」が492万円(限定50台)、4ドアの「ラングラー・アンリミテッド・ブラック&タン」が513万円(同100台)。

現行JL型ラングラーでは初のソフトトップ車となるブラック&タンは、簡単な操作で屋根を後部座席の頭上まで大きく開放。さらにリアウインドウとクォーターウインドウを取り外せば、ボディ後方までフルオープンにすることができる。ブラックのボディにタンのソフトトップというカラーコンビネーションも限定車ならではの装備。ワイルドなたたずまいに品よくマッチし、幌型ジープの味わいを引き立てる。

また、インテリアもブラックを基調にタンの布製バケットシートでコーディネート。限定車専用のグロスブラック仕上げインストルメントパネルを備える。また、7インチタッチパネルモニター付のインフォテイメントシステム「Uconnect(Apple CarPlay、Android Auto対応)」をはじめ、オートエアコン、17インチアルミホイールなどを標準装備。車庫入れをサポートするParkSense リアパークアシストやParkview リアバックアップカメラ、アダプティブクルーズコントロール(ストップ機能付)など、運転支援システムも充実している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ