フォード マスタング EV、クラウドを利用して航続を正確に予測

フォード・マスタング・マッハE
フォード・マスタング・マッハE全 7 枚写真をすべて見る

フォードモーターは6月22日、フォード『マスタング』シリーズの新型EV、フォード『マスタング・マッハE』(Ford Mustang Mach-E)に、クラウドを利用して航続を正確に予測するシステムを搭載すると発表した。

EVの顧客にとって、いつどこで充電するかという不安を払拭すれば、安心を提供できることにつながる。そこでフォードモーターは、マスタング・マッハEに、クラウドを利用して航続を正確に予測するシステム、「インテリジェント・レンジ」を採用する。

インテリジェント・レンジを利用すれば、航続がより正確に予測できる。この予測は、時間が経過するとともに、より正確になるという。

インテリジェント・レンジは、過去のドライバーの行動や予測される気象条件に基づいて、航続を計算する。クラウドを利用して、将来の走行で使用されるエネルギー量を予測する。車両のバッテリーシステムは、利用可能なエネルギー量を計算し、パワートレインモジュールは使用されているエネルギー量をモニターする。気温や天候は航続に影響を与えるため、インテリジェント・レンジは、気温や天候を考慮して、航続予測を更新する。

また、インテリジェント・レンジは、道路上の他のフォードモーターの電動車と情報を共有する最新のコネクティビティを利用する。他の電動フォード車からクラウドソーシングされたデータが、航続を正確に予測することに貢献する。また、速度、地形、気候条件の変化など、さまざまな状況で使用されるエネルギー量をモニターできるため、航続予測の正確性を高めることができる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルグワーナーの高出力インテグレーテッド・ドライブ・モジュール(iDM)
  • フォード・マスタング・マッハE
  • 1/24 フォード マスタング GT4
  • フォード・マスタング・マッハEの高速道路をハンズフリーで部分自動運転できる「アクティブ・ドライブ・アシスト」
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ