【メルセデスベンツ GLA 新型】初の全面改良…上野社長「オールラウンドなコンパクトSUV」

メルセデスベンツ GLA 新型
メルセデスベンツ GLA 新型全 9 枚写真をすべて見る

メルセデス・ベンツ日本は6月25日、全面改良した『GLA』の販売を開始した。初の全面改良で2代目となった新型GLAの日本導入モデルはクリーンディーゼル搭載の四輪駆動の『200d 4MATIC』で、価格は502万円。7月からの納車開始を予定している。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は同日行ったオンラインによる発表会で「コンパクトなボディにメルセデスベンツのSUV技術を最大限に凝縮して、そして都市での日常生活にも適したスタイリッシュ、かつオールラウンドなコンパクトSUVに仕上がっている」と強調した。

そのスタイリッシュなデザインについて、メルセデス・ベンツ日本の営業企画部で商品企画を手掛ける玉手沙依氏は「面の立った力強いショルダー部と、クーペのように下降していくルーフライナー、その2つに囲まれたサイドウインドウが非常に美しいクーペらしいシルエットを演出している。またヘッドライトもクーペのようにシャープなデザインになっている」と述べた。

200d 4MATICに搭載される2リットル直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンは、最高出力150馬力、最大トルク320Nmを発揮。ユーロ6dに適合する排ガス浄化システムを備えている。また四輪駆動システムの4MATICはボタン操作で80対20、70対30、50対50の3つの前後トルク配分比に切り替えることができる。

ユーティリティ面では、前席の着座位置が先代に比べて97mm高くなったことで視認性や乗降性が向上。後席のレッグスペースは116mm広くなるとともに、前後に140mmの調整可能なスライド機構も採用された。玉手氏によると「先代のお客様の要望を受けて今回、後席にスライド機構を標準採用した」とのことだ。

《小松哲也》

この記事の写真

/

ピックアップ