北米SUVオブザイヤー2021、トヨタ ハリアー やマツダ CX-30 がノミネート…全23車種

トヨタ・ヴェンザ 新型(日本名:ハリアー 新型に相当)
トヨタ・ヴェンザ 新型(日本名:ハリアー 新型に相当)全 11 枚写真をすべて見る

北米カーオブザイヤー主催団体は6月23日、「2021北米SUVオブザイヤー」(2021 North American Utility of the Year)のノミネート23車種を発表した。

北米SUVオブザイヤーは、米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型SUVの中からベストな1台を選出するもの。

2021北米SUVオブザイヤーのノミネート23車種は以下の通り。

●BMW X2のPHV
●BMW X3のPHV
●ビュイック・アンコールGX
●キャデラック・エスカレード
●シボレー・トレイルブレイザー
●シボレー・タホ/サバーバン
●フォード・マスタング・マッハE
●ジェネシスGV80
●GMCユーコン
●ホンダCR-Vハイブリッド
●ヒュンダイ・サンタフェ
●ヒュンダイ・べニュー
●キア・セルトス
●ランドローバー・ディフェンダー
●リンカーン・コルセア・グランドツーリング
●マツダCX-30
●日産ローグ
●トヨタ・ヴェンザ(ハリアー)
●トヨタ・シエナ
●トヨタRAV4 PHV
●トヨタ・ハイランダー
●VWアトラス・クロススポーツ
●ボルボXC40のEV

日本メーカーでは、トヨタから4車種が選ばれた。この中には、新型『ヴェンザ』(日本名:『ハリアー』に相当)や新型『RAV4 PHV』が含まれる。ホンダは『CR-Vハイブリッド』、日産は新型『ローグ』(日本名:『エクストレイル』に相当)、マツダは『CX-30』が選ばれた。

また、欧州勢では、BMWのPHVの『X2』と『X3』、ランドローバーの新型『ディフェンダー』、ボルボカーズの『XC40』のEVなどが、名前を連ねる。メルセデスベンツとアウディは今回、ノミネートされていない。

2021北米SUVオブザイヤーは2021年1月、米国で発表される予定だ。前回は、キアのSUVの『テルユライド』が獲得している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV