日本発の宇宙企業育成へ、「宇宙フロンティアファンド」設立…トヨタやメガバンクが出資

(イメージ)
(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

スパークス・グループ子会社のスパークス・イノベーション・フォー・フューチャー(SIF)は6月29日、宇宙開発に関わる人材・技術を支援し、世界と戦える日本発の宇宙企業を育成することを目的とした「宇宙フロンティアファンド」を設立した。

宇宙フロンティアファンドは、「宇宙空間の活用の実現に資する技術」を中核技術と位置づけ、それらの分野の革新的技術を持つベンチャー企業等が出資対象。新型コロナウイルスが引き続き社会・生活に多大な影響を及ぼす中でも、新たな社会に向けた成長を牽引しうる技術を持つ事業を対象に、出資を通じた育成を図り、イノベーションの加速に貢献する。

宇宙フロンティアファンドは、トヨタ自動車や三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などからの出資を受け、SIFが運営。総額82億円の出資により6月より運用を開始した。

また、2020年12月末までを目途に、新ファンドの趣旨に賛同する投資家から追加出資を募り、最終的には総額150億円規模のファンドを目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ カローラ クロス
  • トヨタ ダイナ(2019年)
  • トヨタ・ヤリス 新型(欧州仕様)
  • プロクセスR46A
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ