国鉄を偲ぶ、しなの鉄道115系2編成が7月に引退…7月18日には部品持ち返りイベントも

北しなの線古間~黒姫間を走行する、しなの鉄道最古参のS6編成。軽井沢方からクモハ115-1002+モハ114-1003+クハ115-1002の3両編成で、写真は2両編成を増結した姿。
北しなの線古間~黒姫間を走行する、しなの鉄道最古参のS6編成。軽井沢方からクモハ115-1002+モハ114-1003+クハ115-1002の3両編成で、写真は2両編成を増結した姿。全 3 枚写真をすべて見る

長野県のしなの鉄道は6月26日、JR東日本から購入した115系電車のうち、2編成が7月に引退することを明らかにした。

4月時点で、しなの鉄道の115系は3両編成16本、2両編成7本が在籍しているが、7月4日に新型車両SR1系が運用を開始したことを受けて、1977年製のS6編成が7月4日限り、1978年製のS23編成が7月3日限りで営業運行を終了する。

ともに国鉄生まれの電車だが、S6編成は、しなの鉄道しなの鉄道線がJR信越本線軽井沢~篠ノ井間を承継して開業した1997年10月1日に運用が開始された最古参車両で、2001年3月にはリニューアルが施されていた。

一方のS23編成は2013年6月に運用を開始した、しなの鉄道としては比較的車歴が浅い車両。115系は3両編成が基本だが、中間車を先頭車化することで2両編成とされた。

なお、これらの引退に伴ない、7月18日にはしなの鉄道本社前(長野県上田市)で「115系解体お持ち帰り体験会」を開催する。受付時間は10~13時で、ドライバーなどで吊り手(4個)、座席の座面(1個)、壁面のフック(2個)、座席札とブラインド(1か所につき4枚)、座席テーブル(1個)を取り外して、持ち帰ることができる。

対象は中学生以上で、20人を募集。参加費用は1万3000円。申込みは7月1日10時から、しなの鉄道のウェブサイトで受け付ける。締切は7月8日17時で、申込みは1人1回まで(1人まで参加可)。申込者多数の場合は抽選となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。

ピックアップ

Response.TV