東急の観光列車、北海道内の運行は5回から3回に…初回は8月28日、体温37.5度以上は乗車不可

通常は伊豆エリアで運行されている『THE ROYAL EXPRESS』
通常は伊豆エリアで運行されている『THE ROYAL EXPRESS』全 4 枚写真をすべて見る

JR北海道と東急は6月30日、8・9月に北海道内で予定していた東急の観光列車による『THE ROYAL EXPRESS~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~』(THE ROYAL EXPRESS)の運行回数を、当初の5回から3回に変更すると発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大防止への準備に時間を要するとして、8月14・21日出発分を運休とし、8月28日、9月4・15日出発分が運行される。

THE ROYAL EXPRESSは、当初の5回の応募枠(各回30人、合計150人)に対して、平均倍率8.2倍となる、合計1232人の応募があったことから、2021年夏の運行では、回数を予定の5回から2回増やした7回にするとしている。今回の2回分のキャンセルについては、2021年の運行に振り替える予定。

なお、運行時の感染拡大予防対策として、飲食時以外のマスク着用、換気の徹底、間隔拡大へ向けた座席配置の変更、1号車「ファミリーカー」のボールプール利用停止、検温などが行なわれ、原則、検温時の体温が37.5度以上になった場合は乗車できない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。

ピックアップ

Response.TV