東急の観光列車、北海道内の運行は5回から3回に…初回は8月28日、体温37.5度以上は乗車不可

通常は伊豆エリアで運行されている『THE ROYAL EXPRESS』
通常は伊豆エリアで運行されている『THE ROYAL EXPRESS』全 4 枚写真をすべて見る

JR北海道と東急は6月30日、8・9月に北海道内で予定していた東急の観光列車による『THE ROYAL EXPRESS~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~』(THE ROYAL EXPRESS)の運行回数を、当初の5回から3回に変更すると発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大防止への準備に時間を要するとして、8月14・21日出発分を運休とし、8月28日、9月4・15日出発分が運行される。

THE ROYAL EXPRESSは、当初の5回の応募枠(各回30人、合計150人)に対して、平均倍率8.2倍となる、合計1232人の応募があったことから、2021年夏の運行では、回数を予定の5回から2回増やした7回にするとしている。今回の2回分のキャンセルについては、2021年の運行に振り替える予定。

なお、運行時の感染拡大予防対策として、飲食時以外のマスク着用、換気の徹底、間隔拡大へ向けた座席配置の変更、1号車「ファミリーカー」のボールプール利用停止、検温などが行なわれ、原則、検温時の体温が37.5度以上になった場合は乗車できない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。
  • パンダくろしお「サステナブル Smileトレイン」のデザイン。車両をつなぐリボンは「世界をつなぐパートナーシップであり、また世代をつなぐバトン」を表現したもの。
  • SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。
  • 5両すべてが浸水した車両。
  • 飛騨川沿いの高山本線を走る特急『(ワイドビュー)ひだ』。7月8日は始発から運休している。
  • 乗車券部分は、駅発売分が「武川から影森まで」、通信販売分が「影森から武川まで」で、地色も異なる。
  • 「台車モニタリング装置」の概要。

ピックアップ