ゲッティのフォトグラファーが「グランツーリスモ」選手権を撮る…公式エージェンシー

《Gran Turismo/Clive Rose》
《Gran Turismo/Clive Rose》全 10 枚写真をすべて見る

世界最大手のフォトエージェンシー、ゲッティイメージズは、FIA認定の『グランツーリスモ』チャンピオンシップの公式フォトエージェンシーとなった。ゲッティイメージズが6月30日に、ゲッティイメージズジャパンが7月1日に発表した。

ゲッティイメージズと、「グランツーリスモ」を手掛けるポリフォニー・デジタルは6月30日、ゲッティイメージズのモータースポーツ専門フォトグラファーが、「グランツーリスモ」のオンラインイベントやワールドツアーのライブイベントから、ゲーム内の写真を撮影する契約を発表した。これに伴いゲッティイメージズは、『グランツーリスモ』チャンピオンシップの公式フォトエージェンシーとなる。

ゲッティイメージズが持つリアルライブレーシング撮影における専門知識を活かして、すでに2019年の、ニュルブルクリンク、ニューヨーク、ザルツブルク、東京、シドニーで開催されたグランツーリスモ・ワールドツアーや、11月にモナコで開催されたワールドファイナルでバーチャルレーシングを撮影し、世界各地へ配信した。2020年のFIAグランツーリスモ選手権は4月25日に始まっている。

昨今eスポーツ業界は急激な成長を続けており、世界中の企業ブランドやメディアがeスポーツ選手やファンコミュニティに注目している。ゲッティイメージズはより一層、スポーツ写真をリードしていくと意気込む。

ゲッティメージズ、グローバルコンテンツ責任者のケン・メイナルディスは、「ゲッティイメージズは長年、スポーツ写真をリードしてきた。今回のパートナーシップ契約は、スポーツ写真界の新しい一歩であり、eスポーツ業界の成長を意味する」と、今回のパートナーシップ契約について語る。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ