トヨタグループがAI・高性能チャットボットの導入を促進 アルベルト

AI・高性能チャットボット「スグレス」
AI・高性能チャットボット「スグレス」全 1 枚写真をすべて見る

アルベルトは7月1日、トヨタシステムズと販売代理店契約を締結したと発表した。

アルベルトが開発するAI・高性能チャットボット「スグレス」は、AIとオリジナルの「自然言語処理エンジン」を搭載しており、自動学習機能によって手間がかからない精度向上が可能。すでにトヨタグループ各社に9件導入済み。

今回、トヨタグループ各社への導入拡大を目的に、トヨタシステムズと販売代理契約を結んだ。「スグレス」のトヨタグループ各社への導入拡大を図る。

トヨタグループ各社に「スグレス」を導入することで、トヨタグループでの業務効率化や利便性向上が見込まれるとしている。社内におけるよくある問い合わせにチャットボットが対応することで、担当者の対応コストを削減でき、正しい情報を提供できるとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタGRスーパースポーツ(ルマン24時間耐久レース2020会場)
  • FC電源車(完成車両イメージ)
  • スズキ・スウェイス
  • BluEarth-GT AE51
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ