鈴鹿サーキットのヘアピンの名称は「NISSINブレーキヘアピン」

鈴鹿サーキットの「NISSINブレーキへアピン」(コーナー中央部付近)。
鈴鹿サーキットの「NISSINブレーキへアピン」(コーナー中央部付近)。全 5 枚写真をすべて見る

モビリティランドは3日、鈴鹿サーキットのヘアピンカーブ(ターン11)のネーミングライツ契約締結についてのプレスリリースを発行。同カーブは4月から「NISSINブレーキヘアピン」の名称になっている。

NISSINブレーキ(日信工業株式会社/本社:長野県東御市)は四輪車および二輪車向けブレーキ装置ならびにアルミ製品等の開発・製造・販売を事業内容としており、サーキットでも馴染みのブランドのひとつ。そのNISSINブレーキがネーミングライツ契約を結んだ箇所は、鈴鹿サーキット国際レーシングコースのターン11、ヘアピンカーブである。その進入に際し、ブレーキを使わないという状況は一般的に考えてまずあり得ないところで、「まさに」のネーミングといえるだろう。

なお、リリースによればNISSINブレーキヘアピン(英表記:NISSIN Brake Hairpin)の名称使用開始は今年4月1日のこととされる。コロナ禍でビッグレースの開催がないなどするなか、社会的状況も鑑みて、今回このタイミングでのリリース公布になったものと思われる。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • SUPER GT第6戦フォーメーションラップ
  • カワサキ Ninja ZX-25R
  • 鈴鹿サーキット検温ピット
  • 鈴鹿8時間耐久2019
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV