メルセデスベンツ、スマートEVの工場を売却へ…グローバル生産ネットワークを再編

スマートのEVを生産しているメルセデスベンツのフランス・ハムバッハ工場
スマートのEVを生産しているメルセデスベンツのフランス・ハムバッハ工場全 5 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は7月3日、スマートのEVを生産しているフランスのハムバッハ(ハンバッハ)工場の売却に向けた協議を開始すると発表した。

ハムバッハ工場は1997年10月、操業を開始した。2019年からは、4世代目スマートのEV、スマート『EQ フォーツー』と『EQ フォーツーカブリオ』を生産している。

現在、ハムバッハ工場では約1600人の従業員を雇用している。同工場のスマート『フォーツー』の累計生産台数は、220万台を超えている。

メルセデスベンツは現在、CO2ニュートラルな未来のモビリティへの道を進んでおり、今後数年間で会社の変革に多額の投資を行う予定だ。メルセデスベンツは、ラインナップの電動化だけでなく、デジタル化にも注力している。同時に、コスト構造を持続的に改善し、大幅に効率化するために多くの対策を講じてきた。このための重要な手段が、グローバル生産ネットワークの再編だ。そこでメルセデスベンツは、フランス・ハムバッハ工場の売却について、協議を開始することを決定した。

なお、現行のスマート車は引き続き、ハムバッハ工場で生産される。次期型については、メルセデスベンツと浙江吉利控股集団との中国合弁、スマートオートモービルで生産することが決まっている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV