熊本県と鹿児島県で車検証の有効期間を延長---令和2年7月豪雨

7月6日、熊本県葦北郡
7月6日、熊本県葦北郡全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は7月6日、豪雨被害を受けた熊本県、鹿児島県の一部地域を使用の本拠とする自動車検査証(車検証)の有効期間を延長すると発表した。

豪雨災害による被害に伴って、被災地域に使用の本拠を置く自動車は、継続検査を受けることが困難で、自動車検査証の有効期間が切れ、使用に支障が生じるおそれがある。このため、対象地域で、7月4日から7月19日までの自動車について7月20日まで自動車検査証の有効期間を伸長する。

対象地域は熊本県が八代市、人吉市、水俣市、上天草市、天草市、芦北町、津奈木町、錦町、多良木町、湯前町、水上村、相良村、五木村、山江村、球磨村、あさぎり町で、鹿児島県が阿久根市、出水市、伊佐市、長島町。

継続検査を受検するまでに保険契約期限が到来する自賠責保険(共済)契約については、継続契約の締結手続きが7月20日を限度に猶予される。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • 令和2年7月豪雨の被害(球磨郡、7月8日)
  • 総理大臣に就任した菅氏(9月14日)
  • 歩行空間ネットワークデータを活用して実現するサービスのイメージ
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ