輸入小型二輪車販売、ハーレーは4年連続マイナスでシェア4割を切る 2020年上半期

ハーレーダビッドソン・スポーツスターXL1200Xフォーティエイト
ハーレーダビッドソン・スポーツスターXL1200Xフォーティエイト全 2 枚写真をすべて見る

日本自動車輸入組合(JAIA)は7月6日、2020年上半期(1~6月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年同期比0.5%増の9797台で、4年ぶりのプラスとなった。

シェアトップのハーレーダビッドソンは同3.7%減の3858台で4年連続のマイナスだった。シェアも39.4%で1.7ポイントダウン。2010年の統計開始以来、初めて4割を切った。

2位のBMWは同4.7%増の2468台で2年ぶりのプラス、3位トライアンフは同9.7%増の1177台で2年連続のプラス。KTMは同13.0%増の780台で2年ぶりのプラスとなり、4位に浮上。ドゥカティは同27.8%減の650台で2年ぶりのマイナスとなり、5位に転落した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R
  • SHOEI X-Fourteen MM93 ブラックコンセプト2.0
  • テネレ700 ABS Low
  • ホンダ CBR250RR(グランプリレッド・ストライプ)
  • ハスクバーナ ヴィットピレン401&スヴァルトピレン401
  • ホンダ CBR1000RR-R ファイヤーブレードSP
  • KTM 1290スーパーアドベンチャーS

ピックアップ