コンチネンタルが自動運転を強化、事業部に新トップ 8月1日付けで就任

コンチネンタルの自動運転技術開発車両
コンチネンタルの自動運転技術開発車両全 3 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は8月1日付けで、フランク・ペッツニック氏がADAS(先進運転支援システム)事業部長と、自動運転&安全部門の役員に就任すると発表した。

今回の人事は、自動運転事業の強化が目的だ。フランク・ペッツニック氏は2020年 7月1日、コンチネンタルに入社した。自動車業界や自動車サプライヤーにおいて、長年の経験を持つ。直近ではHella社の取締役として、自動運転プロダクトセンターのグローバル事業を担当していた。

同氏は1998年、フォルクスワーゲンのプロジェクトマネジャーとして自動車業界でのキャリアをスタートした。その後、電子制御システムのプロジェクトリーダーを務めた。2003年には開発サービスのプロバイダー、Bertrandt社に移り、エレクトロニクスとインフォテインメント分野のさまざまな役職を経験した。2008年からはHella社の中国・上海とドイツ・ベルリンを拠点に、グローバルレベルで管理職を務めた。

コンチネンタルの先進運転支援システム分野の売り上げは、2013年から2019年の間に5倍に伸びた。2019年の同事業の売上は20億ユーロで、コンチネンタルをADAS分野のリーディングポジションへと押し上げた。コンチネンタルは、電気工学の学位を持つ同氏が、電子工学やセンサー技術分野における革新的な新技術に関する長年の経験を、コンチネンタルにもたらすと見込む。

コンチネンタルの自動運転EVコンチネンタルの自動運転EV

センサー、ソフトウェア、インテリジェントなコネクティビティが、ADASの基盤を形成する。コンチネンタルが、これらのシステムの研究を始めたのは、20年以上前だ。コンチネンタルは、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの主要地域に、開発センターと生産拠点を有しており、世界各国の多くの自動車メーカーに、顧客に合わせたソリューションを提供できる、としている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【三菱 アウトランダー 新型】大型化し上級SUVに、PHEVで7人乗り実現…価格は462万1100円から
  2. 【GR 86 新型】ついに正式発売、スバルBRZと差別化「GRらしい味」に…価格は279万9000円から
  3. 【三菱 アウトランダーPHEV 新型試乗】ランエボ時代から培ったS-AWCがいよいよ完成の域に達した…中谷明彦
  4. シボレー コルベットZ06 新型発表…「アメリカンスーパーカー」を標榜、自然吸気で670馬力
  5. 「電気か水素かHVか、そんな議論はナンセンス」揺れる自動車業界を、国際モータージャーナリスト清水和夫が読み解く
  6. 【GR 86 新型】日常と非日常を高次元で調律、各種GRパーツ発売
  7. BMW X3/X4 改良新型発売、前後デザイン刷新…安全機能も進化
  8. 隠れた鉄道ジャンクション、蒲田で「電車まつり」…3社駅長が集合 10月26-31日
  9. マツダ RX-7 を3ローターに換装、1000馬力に…SEMA 2021で発表へ
  10. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「よくできました」けど今時じゃ普通?…中村孝仁
ランキングをもっと見る