【ダイハツ タフト 新型】発売1か月で1万8000台を受注 月販目標の4.5倍

ダイハツ タフト
ダイハツ タフト全 3 枚写真をすべて見る

ダイハツ工業は、6月10日に発売した新型軽クロスオーバー『タフト』について、累計受注台数が発売後1か月で、月販目標台数(4000台)の4.5倍となる約1万8000台となったと発表した。

タフトは 、「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトに開発し、拡大傾向にある軽クロスオーバー市場に投入した新型車。SUVらしいタフさや力強さを表現するデザインや、大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」、自由にアレンジできる後席「フレキシブルスペース」に加え、進化した予防安全機能「スマートアシスト」やDNGA新プラットフォームによる高い基本性能を備えながら、軽自動車ならではのリーズナブルな価格を実現している。

購入層は、性別、年代問わず幅広く、約半数はディーラーオプションの「メッキパック」を装着。また、ボディカラーは、新色「レイクブルーメタリック」「フォレストカーキメタリック」「サンドベージュメタリック」が人気を集めている。

主な好評点としては、タフで力強さを感じるスクエアな「デザイン」、圧倒的な開放感をもたらす頭上のガラスルーフ「スカイフィールトップ」、DNGAによる確かな「基本・安全性能」が挙げられている。

ダイハツ タフトダイハツ タフト

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ