カーナビタイム、プロドライバー向けの「プレミアムプラス」コースを新設

カーナビタイム プレミアムプラスコース
カーナビタイム プレミアムプラスコース全 3 枚写真をすべて見る

ナビタイムジャパンは、カーナビアプリ「カーナビタイム」にて、7月10日よりプロドライバーやヘビーユーザー向けの「プレミアムプラス」コースを新設する。iOSは同日より、Android OSも7月中に対応予定だ。

プレミアムプラスコースは、主にトラックやタクシーなどの商用車を日常的に運転するプロドライバーやヘビーユーザー向けに特化した機能を提供するために新設。既存の「プレミアム」コースで利用できる有料機能に加え、プレミアムプラスコース専用の機能を使うことができる。

プレミアムプラスコースの第1弾機能として、複数車種の登録(最大5台まで)と、My地点を件数無制限(プレミアムコースは最大500件まで)で登録できるようになる。カーナビタイムでは、車種登録をすると車高・車幅を考慮し、道幅の狭い道路や高さ制限のあるトンネルを避けるなど、登録車種にあったルートを提示。社用車と自家用車など複数台を登録できるようになることで、その日運転する車によって車種を切り替え、それぞれの車に最適なルートでナビゲーションが可能になる。

ナビタイムジャパンは今後、ルート上で通行する道路や交差点を指定したルート検索や、効率よく複数の目的地を回るための巡回経路検索など、ユーザーのきめ細かなニーズに対応できる機能の開発を検討している。

プレミアムプラスコースの料金は月額1000円または年額9800円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • SDL連携イメージ
  • カーナビタイムが英語に対応
  • NAVITIME
  • 車降りたらルート
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ