関西電力、法人向けにEVリース/カーシェアリングシステムの提供を開始

EVリースおよびカーシェアリングシステム等を活用したモビリティサービス
EVリースおよびカーシェアリングシステム等を活用したモビリティサービス全 3 枚写真をすべて見る

関西電力は7月10日、法人向けに、EV(電気自動車)リースおよびカーシェアリングシステム等を活用したモビリティサービスの提供を開始した。

EVリースサービスは、「EV」、「EV用充放電器」および「EV充放電管理システム」を、一元的にリースで提供するもの。複数台のEVの充電および放電を制御することで、事業所等の電力需要低減に貢献。停電時に特定負荷に対する電力供給を行うことで、BCP(事業継続計画)対策の1つとして利用できる。

カーシェアリングシステムは、EVの業務利用にとどまらず、社用車の遊休時間を従業員とシェアすることで、EV維持費の軽減、従業員のマイカー維持費の軽減といった効果が期待できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 電動キックボード
  • 製品写真
  • フィスカー・オーシャン
  • フィアット 500 新型の「アクション」
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV