ボルボカーズのスマホアプリ、PHV向け新機能…EVモード走行を支援

ボルボカーズの電動車ラインナップ
ボルボカーズの電動車ラインナップ全 5 枚写真をすべて見る

ボルボカーズ(Volvo Cars)は7月9日、スマートフォンアプリの「Volvo on Call」に、プラグインハイブリッド車(PHV)のドライバー向け新機能を導入すると発表した。

ドライバーは、Volvo On Callアプリを使用することにより、自分の車両と直接やりとりすることができる。例えば、バルブの交換やウォッシャー液の補充が必要かどうか、確認できる。車両のロックおよびロック解除、燃料残量の確認、最寄りのガソリンスタンドの表示も可能だ。出発前にあらかじめ、遠隔でエンジンを始動し、エアコンの設定を最適にできる。Volvo On Callアプリは、定期的にアップデートされる。

ボルボカーズは、このVolvo On Callアプリに、PHVのドライバー向け新機能を導入する。これにより、ボルボカーズのPHVのドライバーが、できるだけEVモードで走行することを支援していく。

Volvo On Callアプリで、PHVのドライバー向け新機能を利用すると、ドライバーはEVモードで走行した距離や燃料消費量などが確認できる。2020年後半には、このサービスにより、ドライバーはCO2排出量の影響や、EVモードでの走行によって節約された燃料コストなどを見ることができるようになる。

ボルボカーズは、Volvo on Callの新機能は、世界47か国で2015年以降に販売された「SPA」および「CMA」プラットフォームをベースにしたすべてのPHVで利用できる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルボ V90
  • ボルボ V60
  • ボルボXC40のEV「リチャージ」
  • ボルボ XC60 B5
  • VW ゴルフR ヴァリアント(スクープ写真)
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG

ピックアップ

Response.TV