平成筑豊鉄道田川線は7月18日に再開予定…JR芸備線は三次駅で車両が孤立 令和2年7月豪雨

犀川~油須原間の7月18日再開を予定している平成筑豊鉄道田川線。
犀川~油須原間の7月18日再開を予定している平成筑豊鉄道田川線。全 2 枚写真をすべて見る

福岡県の平成筑豊鉄道は7月15日、令和2年7月豪雨の影響で運行を見合わせている田川線犀川(さいがわ)~油須原(ゆすばる)間を7月18日始発から再開すると発表した。

同区間は、崎山~源じいの森間で落石が確認されたことに加えて、斜面崩壊の危険があるとして、7月12日からバス代行を実施しているが、復旧工事の計画が確定したとして、再開へ向かうことになった。

ただし、今回の再開は仮復旧となり、再開後も復旧作業が継続されるため、徐行運転などで遅延が見込まれる。また、今後の気象状況や復旧作業の状況、試運転の結果次第では再開時期が変更になる場合があるとして、遅くとも7月17日10時には再開についての確実な情報を提供することにしている。

このほか令和2年7月豪雨関連では、7月15日、JR西日本芸備線で東城~備後落合間の終日運休が決定。備後落合~下深川間では上三田~中三田間で軌道付近にある河川の護岸が、西三次~志和地(しわち)間で路盤が流出し、再開の見通しが立っていない。その関係で、途中の三次駅(広島県三次市)では車両が取り残されているため、下深川~広島間では大幅な減便や編成短縮が行なわれている。

木次線出雲横田~備後落合間も7月14日に続いて運行を見合わせているが、こちらは早くとも7月15日17時以降に再開する見込みとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ