高山本線は飛騨小坂-渚間を除き7月18日に再開…平成筑豊鉄道田川線も同日に全線再開決定 令和2年7月豪雨

高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。全 2 枚写真をすべて見る

JR東海は7月17日、令和2年7月豪雨の影響により運行を見合わせていた、高山本線飛騨萩原~飛騨小坂間と渚~高山間を7月18日に再開すると発表した。両区間とも7月13日の段階で7月20日の再開がアナウンスされていたが、2日前倒しされることになった。

なお、再開後は下呂~飛騨小坂間で下り10本・上り9本、渚~高山間で下り7本・上り8本の列車が時刻変更の上で運行。特急『(ワイドビュー)ひだ』は、名古屋~下呂間と高山~猪谷間での運行と減便が継続される。

残る運行見合せ区間は飛騨小坂~渚間となるが、並行する国道41号線やJR東海の施設が大規模に被災しているため、再開時期は未定。JR東海では「道路管理者や自治体の皆様にもご尽力いただいて、全力で復旧に取り組んでおります」としている。

また、福岡県の平成筑豊鉄道では、犀川(さいがわ)~油須原(ゆすばる)間で運行を見合わせていた田川線の仮復旧が7月17日に完了したため、7月18日の全線再開が正式に発表されている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ