箱根登山鉄道運行再開、レイルトラベルキャンペーン開始へ ホテルインディゴ箱根強羅

箱根登山鉄道
箱根登山鉄道全 6 枚写真をすべて見る

ホテルインディゴ箱根強羅は、箱根登山鉄道の全線運転再開を記念し、7月23日から8月31日(8月13-16日除く)の期間限定で、同鉄道利用客を対象とした「レイルトラベルキャンペーン」を開始する。

ホテルインディゴ箱根強羅の最寄り駅「強羅」に発着する箱根登山鉄道は、2019年10月の台風19号による被害のため、箱根湯本駅~強羅駅間を長期間運休していたが、復旧作業が進み、7月23日始発より全面再開することが決定した。

レイルトラベルキャンペーンでは、登山鉄道利用客限定で、レストラン「リバーサイドキッチン&バー」の飲食代が10%オフになるほか、好みのデザートをプレゼントする。また、館内の足湯施設も無料で提供。中庭エリアの足湯では、バーラウンジのドリンクやスナックの注文が可能となっており、自然のパワーを感じながら開放感溢れる至福のひと時を楽しむことができる。さらに、チェックアウトの際には、ホテルのオリジナルグッズをプレゼントする。

ホテルインディゴ箱根強羅では、その土地の文化や歴史のストーリー「ネイバーフッド ストーリー」をインテリアデザインやサービスに反映しているほか、地元を知り尽くした「ネイバーフッドホスト」が箱根強羅ならではのローカル体験を提案。今回のキャンペーンは、登山鉄道の運転再開を応援し、沿線コミュニティのさらなる活性化に貢献したいという想いが込められている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ