奥多摩湖畔に希少車が集結…いすゞの名車やC10スカイライン超初期型 東京旧車会

“ダイサン”東京旧車会
“ダイサン”東京旧車会全 33 枚写真をすべて見る

東京都奥多摩町にある奥多摩湖畔の駐車場で7月19日、毎月第3日曜となる午前中に恒例の旧車会があり、様々な年式の名車や希少車が集まった。

羽村市でいすゞ車を中心に旧車の販売・修理を行っているイスズスポーツが「東京旧車会」として声を掛け合って始まったミーティング。参加規程などはなく、フリー集合のフリー解散というユルさだが、15年ほど前から続いており、活発な情報交換の場となっている。毎月第3日曜の開催なので”ダイサン”と親しまれている集まりだ。

『べレット』『117クーペ』といったいすゞの名車が比較的多く集結しており、この日は可動式ヘッドランプカバーが特徴的な2代目『ピアッツァ・ネロ』や、117クーペのセダン版ともいわれた『フローリアン』などの姿も見られた。

地味ながら注目を集めていたのは日産『スカイライン』1500セダン(C10型)。プリンスと日産の合併後初めて発売されたモデルで、プリンス製の直列4気筒OHC1500cc G15型を搭載している。この個体は1968年8月の登録という超初期型。大分県にあったシングルナンバーを引き継ぎ、土日ごとに4年をかけて全塗装を含めオーナー自らコツコツとレストアしてきたという。

6代目の日産『ダットサントラック』もレアな存在。山梨から走って来たのは希少度の高い「ピックアップ」。1965年から1972年にかけて造られた520型でOHVの1300cc「J13型」を搭載。ボディはダブルキャブの構造だ。ぱっと見は2ドアセダンのようにも見え、この個体は深リムホイールを履かせるなどスタイリッシュに仕上げていた。

このほか、マツダ『サバンナ』、『ルーチェレガート』、日産『サニークーペ』、『ローレル』、『フェアレディZ』、トヨタ『スプリンタートレノ』、トヨペット『コロナ』、三菱『ギャランΛ』、スズキ『ジムニー』など、バラエティに富んだ旧車が並んだ。

《嶽宮 三郎》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV