奥多摩湖畔に希少車が集結…いすゞの名車やC10スカイライン超初期型 東京旧車会

“ダイサン”東京旧車会
“ダイサン”東京旧車会全 33 枚写真をすべて見る

東京都奥多摩町にある奥多摩湖畔の駐車場で7月19日、毎月第3日曜となる午前中に恒例の旧車会があり、様々な年式の名車や希少車が集まった。

羽村市でいすゞ車を中心に旧車の販売・修理を行っているイスズスポーツが「東京旧車会」として声を掛け合って始まったミーティング。参加規程などはなく、フリー集合のフリー解散というユルさだが、15年ほど前から続いており、活発な情報交換の場となっている。毎月第3日曜の開催なので”ダイサン”と親しまれている集まりだ。

『べレット』『117クーペ』といったいすゞの名車が比較的多く集結しており、この日は可動式ヘッドランプカバーが特徴的な2代目『ピアッツァ・ネロ』や、117クーペのセダン版ともいわれた『フローリアン』などの姿も見られた。

地味ながら注目を集めていたのは日産『スカイライン』1500セダン(C10型)。プリンスと日産の合併後初めて発売されたモデルで、プリンス製の直列4気筒OHC1500cc G15型を搭載している。この個体は1968年8月の登録という超初期型。大分県にあったシングルナンバーを引き継ぎ、土日ごとに4年をかけて全塗装を含めオーナー自らコツコツとレストアしてきたという。

“ダイサン”東京旧車会“ダイサン”東京旧車会

6代目の日産『ダットサントラック』もレアな存在。山梨から走って来たのは希少度の高い「ピックアップ」。1965年から1972年にかけて造られた520型でOHVの1300cc「J13型」を搭載。ボディはダブルキャブの構造だ。ぱっと見は2ドアセダンのようにも見え、この個体は深リムホイールを履かせるなどスタイリッシュに仕上げていた。

このほか、マツダ『サバンナ』、『ルーチェレガート』、日産『サニークーペ』、『ローレル』、『フェアレディZ』、トヨタ『スプリンタートレノ』、トヨペット『コロナ』、三菱『ギャランΛ』、スズキ『ジムニー』など、バラエティに富んだ旧車が並んだ。

“ダイサン”東京旧車会“ダイサン”東京旧車会

《嶽宮 三郎》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【三菱 アウトランダー 新型】大型化し上級SUVに、PHEVで7人乗り実現…価格は462万1100円から
  2. 【GR 86 新型】ついに正式発売、スバルBRZと差別化「GRらしい味」に…価格は279万9000円から
  3. マツダ3/CX-30、エンジンサウンドを進化…新グレードや特別仕様車も追加
  4. シボレー コルベットZ06 新型発表…「アメリカンスーパーカー」を標榜、自然吸気で670馬力
  5. 【三菱 アウトランダーPHEV 新型試乗】ランエボ時代から培ったS-AWCがいよいよ完成の域に達した…中谷明彦
  6. 【三菱 アウトランダーPHEV 新型】加藤社長「国内は年度内に5000台を目標」…3社提携の共通プラットフォーム採用
  7. BMW X3/X4 改良新型発売、前後デザイン刷新…安全機能も進化
  8. 【GR 86 新型】日常と非日常を高次元で調律、各種GRパーツ発売
  9. 隠れた鉄道ジャンクション、蒲田で「電車まつり」…3社駅長が集合 10月26-31日
  10. 「電気か水素かHVか、そんな議論はナンセンス」揺れる自動車業界を、国際モータージャーナリスト清水和夫が読み解く
ランキングをもっと見る