鹿児島本線の貨物列車は8月3日に熊本まで再開予定…芸備、福塩の両線は8月に再開の見込み 令和2年7月豪雨

JR貨物の貨物列車も通過する肥薩おれんじ鉄道だが、現在も八代~水俣間で運行を見合わせているため、鹿児島県内への運行ができない状態が続いている。写真は同区間で最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネル付近の被災直後の様子。左手の山から崩れた土砂と木々がその下の国道を巻き込んで大量に線路に流れ込み、佐敷トンネルの出入口が架線とともに完全に埋没した。
JR貨物の貨物列車も通過する肥薩おれんじ鉄道だが、現在も八代~水俣間で運行を見合わせているため、鹿児島県内への運行ができない状態が続いている。写真は同区間で最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネル付近の被災直後の様子。左手の山から崩れた土砂と木々がその下の国道を巻き込んで大量に線路に流れ込み、佐敷トンネルの出入口が架線とともに完全に埋没した。全 1 枚写真をすべて見る

JR貨物は7月21日、運行見合せが続いている鳥栖貨物ターミナル~鹿児島貨物ターミナル間の貨物列車を、8月3日に熊本まで再開する見込みになったと発表した。

熊本県内の長洲~植木間が同日に再開する見込みになったことを受けての措置で、同区間の再開後は、熊本~川内・鹿児島貨物ターミナル間での代行輸送を実施するとしている。

一方、JR西日本は7月21日、運行を見合わせている芸備線三次~下深川間を8月下旬、福塩線府中~塩町間を8月中旬に再開できる見込みになったと発表している。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ