四国のトロッコ列車、徳島線でも運行…「維新トロッコ」を改装 10月10日から

沿線を流れる吉野川の「阿波藍」や阿波踊りなど、徳島にまつわる車体にデザインされる『藍よしのがわトロッコ』。
沿線を流れる吉野川の「阿波藍」や阿波踊りなど、徳島にまつわる車体にデザインされる『藍よしのがわトロッコ』。全 3 枚写真をすべて見る

JR四国は7月27日、徳島線を含む徳島~阿波池田間で10月10日からトロッコ列車を運行すると発表した。

これは、四国の観光を元気にする「おでかけ。四国家」キャンペーンの一環として運行されるもので、2019年11月まで「維新トロッコ」と呼ばれていた『志国高知 幕末維新号』として運用されていたトロッコ車のキクハ32-501と控車のキハ185 20による2両編成の外観を改装して運行。列車は下りが『藍よしのがわトロッコ さとめぐみの風』、上りが『藍よしのがわトロッコ かちどきの風』と命名される。

2020年度の運行日は、10・11月の土休日と2021年3月27・28日で、2021年度は4・5・9~11月に運行を予定している。

時刻は下りが徳島10時34分発~石井10時46分着・10時51分発~穴吹11時45分着・11時50分発~阿波加茂12時38分着・12時38分発~阿波池田13時着、上りが阿波池田14時39分発~阿波加茂14時57分着・15時発~穴吹15時57分着・15時58分発~石井16時47分着・16時52分発~徳島17時6分着。

全車指定席で、トロッコ乗車区間は石井~阿波池田間となる。阿波池田駅では『四国まんなか千年ものがたり』との乗継ぎも可能。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ