三菱自動車、欧州市場への新型車投入を凍結

欧州市場でも販売している三菱アウトランダーPHEV
欧州市場でも販売している三菱アウトランダーPHEV全 2 枚写真をすべて見る

三菱自動車は7月27日、欧州向け新商品の投入を凍結すると発表した。新中期経営計画「スモール・バット・ビューティフル」に盛り込んだ。

同社は業績不振を受けて策定した新しい中期経営計画で「選択と集中」を徹底することにした。集中する市場はシェアの高いASEANとする一方で、競争が激しく成長が見込めない欧州事業を段階的にに縮小する。

欧州市場向け新商品の投入を停止し、排ガスなどの環境規制に適合しなくなるモデルの販売を取り止めるため、事実上、欧州市場から撤退することになる。アフターサービスは継続する。

同社の欧州での2019年度の販売台数は21万5000台だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • “ダイサン”東京旧車会
  • 三菱 エクリプスクロス 改良新型のPHEVモデル
  • 三菱 エクリプスクロス 改良新型のPHEVモデル
  • 英ヒースロー空港にランドサイド(一般区域)オペレーション車両として配備された新型三菱ショーグンスポーツ(パジェロスポーツ)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV