秩父鉄道の貨物専用駅で初イベント…石灰石輸送用貨車20両編成も初入線 10月3・4日

秩父鉄道の電気機関車と石灰石輸送用貨車。
秩父鉄道の電気機関車と石灰石輸送用貨車。全 2 枚写真をすべて見る

埼玉県の秩父鉄道は10月3・4日、熊谷貨物ターミナル駅(埼玉県熊谷市)で初のイベントを開催する。

かつて同駅からは、三ヶ尻(みかじり)駅(埼玉県熊谷市)へ向けたセメント原材用の石炭輸送列車(石炭列車)がJR貨物との連絡により運行されていたが、2月26日限りで廃止。このイベントはその後の3月28・29日に開催される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期されていた。

開催当日は、3コースに分けて電気機関車5両や石灰石輸送用貨車(ヲキ100形)20両編成の撮影会が行なわれるが、熊谷貨物ターミナル駅構内にヲキ100形20両編成が入線するのは初となる。

各コースの開催時間は1コースが9時~11時20分、2コースが11時30分~13時40分、3コースが14時~16時10分(撮影時間はこのうちの60分)。いずれも武川(たけかわ)駅(埼玉県深谷市)での集合・解散となる。このうち3コースは展示車両の撮影のほか、車両入換の撮影もできる。

各コース90人を募集し、参加費用は大人8000円・子供7800円。申込みは8月17~28日に秩父観光興業ツアーセンターで電話で受け付ける。なお、延期前の申込者については、8月5~7日に優先的に受け付ける。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ