ロータリー搭載EVはどうなる!? マツダ MX-30、日本導入はマイルドハイブリッドから

マツダ MX-30(オートモビルカウンシル2020)
マツダ MX-30(オートモビルカウンシル2020)全 6 枚写真をすべて見る

2019年の東京モーターショーでEVモデルとして公表されたマツダ『MX-30』。幕張で開催された「オートモビルカウンシル2020」に再びその姿を現した。

しかし、モーターショーで公表されたEVモデルではなく、今回公表されたのはSKYACTIV-Gとモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドである。詳しい内容が控えられているが、その仕様は2リットルのSKYACTIV-Gとマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた「e-SKYACTIV G」と呼ぶもの。

マツダのマイルドハイブリッドと言えば、ベルトドライブのスタータージェネレーターを備えたSKYACTIV-Xと同じシステムの公算が高い。だとすると24Vのシステムである。

マツダ MX-30(オートモビルカウンシル2020)
スタイルは美しいクーペ風のSUVとなるが、リアドアはかつての『RX-8』のような、いわゆるハーフドア。フロントドアを開けたのちにリアドアの開閉が可能になるものだが、正直言えば使いづらい。EVに先行させてこのマイルドハイブリッド仕様が投入されるのには、何らかの理由があるはずだ。

因みにヨーロッパではEVモデルが先行発売されるが、バッテリーのサイズが小さいから、航続距離は200kmと短め。敢えてその距離にしたのにも裏があるはずで、推測の域は出ないが、軽くして運動性能を重視したのではないかと思える。このクルマの主査は女性。しかもマツダ社内では指折りのドライビングテクニックを持った人物である。当然運動性能はかなり重視されたと考えても不思議ではない。

そしてこのMX-30にまつわる話はこれにとどまらない。会場で、「なんだ、ロータリーのレンジエクステンダーじゃないんだ」と軽くジャブを打ってみると、ちゃんと答えてくれました。「もう少しお待ちください」と。つまり、ロータリー復活の芽は立ち消えとなったわけではないのである。

このクルマを運動性能指向に育てる背景には、そんなマツダの深遠な思惑が見える。

《中村 孝仁》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ MX-30
  • ブリヂストンTURANZA T005A
  • マツダ MX-30(ポリメタルグレー、メタリック+3トーン、2WD)
  • マツダ MX-30
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV