ホンダ N-BOX で全方位駐車アシスト表示、後付サテライトビューカメラ発売

ステアリング連動ガイドライン表示の駐車アシスト画面
ステアリング連動ガイドライン表示の駐車アシスト画面全 6 枚写真をすべて見る

ワントップは、ホンダ 『N-BOX/N-BOXカスタム』に後付けで全方位駐車アシスト表示させるサテライトビューカメラ(全方位カメラシステム)「TPH074SV」を発売する。

サテライトビューカメラは、前後左右のカメラ映像を合成して周囲の状況を把握し、駐車をアシストする先進機能。ホンダでは、ミニバンや大型車が搭載しているが、数も限られている。新製品は、N-BOX(ナビ装着用スペシャルパケージ付車)に取付けることで、バックカメラ入力(RCA)がある市販カーAVやディーラーオプションナビ(バックカメラ変換コード要)に対し全方位駐車アシスト機能の追加が可能となる。

また、N-BOX専用に設計された部品を車両に装着することで、純正品のようなフィット感を実現。一定の速度で加速・減速するとナビ画面と全方位画面に切り替わる「AUTO機能」や、画面上の車両の色をセレクトできる「車両色セレクト機能」も搭載する。

価格は取付工賃込みで12万9000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ純正アルミ新シリーズ
  • ホンダN-BOX
  • ホンダ N-BOX、N-BOXカスタム
  • 今や国民車となった軽スーパーハイとワゴン5車種を比較。写真は左からスペーシアギア、ルークスハイウェイスター、eKクロススペース、N-BOXカスタム、タントカスタム
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV