BMW 3シリーズ、エントリーモデル「318i」を追加 価格は489万円

BMW 318i
BMW 318i全 1 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、主力モデル『3シリーズ』セダンにエントリーモデル「318i」を追加し、8月3日より販売を開始した。

BMW 318iは、最高出力156ps/4500rpm、最大トルク250Nm/1350-4000rpmを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載。燃料消費率は13.4km/リットル(WLTCモード)と、環境性能にも優れている。

また、高性能3眼カメラ、高性能プロセッサーおよびレーダーによる最先端の運転支援システムを装備。特定の条件下、60km/hまでステアリングから手を離して走行できる「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」が利用できる。さらに、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)およびレーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)などを標準装備。「セーフティーサポートカー(サポカー)」として、補助金対象モデルと認定されている。

このほか、直前に前進したルート最大50mまでをバックで正確に戻ることもできる「パーキングアシスタント」や、安全・安心なドライブに貢献する車載通信サービス「BMWコネクテッドドライブ」も標準装備する。

価格は489万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW 3シリーズ ・セダン
  • BMW M3 新型のMパフォーマンスパーツ
  • BMW M3セダン新型
  • BMW M3 セダン 新型と M4 クーペ 新型のティザーイメージ
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG

ピックアップ

Response.TV