キャデラック世界販売25%減、日本は6.5%増と堅調 2020年上半期

キャデラックCT5
キャデラックCT5全 6 枚写真をすべて見る

キャデラック(Cadillac)は、2020年上半期(1~6月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は14万6816台。前年同期比は25.3%減と、マイナスに転じている。

米国では上半期、5万3621台を販売。前年同期比は29.2%減と、2年連続で前年実績を下回った。上半期の車種別実績では、SUVの『XT5』が、1万4805台と引き続き最量販車に。ただし、前年同期比は43.9%減と2年連続で前年実績を割り込んだ。

また、新型SUVの『XT4』は上半期、前年同期比35.2%減の9140台を販売した。最上級SUVの『エスカレード』は1万0555台にとどまり、前年同期比は35.1%減と、引き続き落ち込む。

セダン系では、新型車の『CT5』 が上半期、5575台と良好な立ち上がり。『CT4』も、632台を売り上げた。一方、『CT6』は37%減の2550台にとどまった。

日本は上半期、247台を販売した。前年同期比は6.5%増と堅調だった。

キャデラックの2019年の世界新車販売台数は、39万0458台。前年比は2.2%増と、前年超えを維持している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • キャデラック CT5-V
  • キャデラック CT4-V
  • キャデラック CT5
  • キャデラックCT4
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV