アイシングループと岡崎市が包括連携…社会課題解決に協力

乗合送迎サービス「チョイソコ」のしくみ
乗合送迎サービス「チョイソコ」のしくみ全 2 枚写真をすべて見る

アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは8月3日、岡崎市と交通の不便な地域での移動などの社会課題解決に協力するため、包括連携協定を締結したと発表した。

アイシングループは包括連携協定の締結で乗合送迎サービス「チョイソコ」の運用、「子育て支援」をはじめ、幅広いサービスの提案や実証実験を行うことで、岡崎市の住みよい街づくりに貢献していく。

アイシングループでは2018年に豊明市で、地域の交通不便の解消や、高齢者の健康増進につながる外出を促進することを狙いに「チョイソコ」を運用、その後、様々な自治体が導入している。今回、岡崎市が抱える社会課題解決を加速するため、「チョイソコ」の運用に加え、託児所付きワークスペース提供、それらへの送迎をはじめとする「子育て支援」といった様々な企画を実施していく。

アイシングループはこれまでも岡崎市と、市民が安全に、安心して道路を利用できる環境の実現に向けて、コネクティッド技術とセンサ情報分析技術を用いた、道路維持管理支援サービスの実証実験を2019年10月から行うなど、連携してきた。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ILY-Ai (カラフルタウン岐阜 専用モデル)
  • アイシン精機CDO(チーフデジタルオフィサー)兼アイシンAW取締役副社長のCSSカンパニープレジデント鈴木研司氏
  • 転倒のリスクが高い乗客を赤枠で通知
  • アイシン・コスモス研究所
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ