ランボルギーニ世界販売22%減、日本は12.9%増 2020年上半期

ランボルギーニ・ウラカン・エボ
ランボルギーニ・ウラカン・エボ全 3 枚

ランボルギーニ(Lamborghini)は、2020年上半期(1~6月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は3548台。前年同期比は22.1%減と、マイナスに転じた。

全販売台数3548台のうち、SUVの『ウルス』が2064台だった。前年同期比は23.4%減。ランボルギーニの上半期世界販売のおよそ6割を、ウルスが占めている。

『ウラカン』は上半期、1052台を販売した。前年同期比は13.2%のマイナスだった。『アヴェンタドール』は、33.5%減の432台を販売している。

上半期世界販売の市場別実績では、日本が410台を販売した。ランボルギーニの世界販売が前年同期比22.1%減と落ち込む中で、日本は12.9%増と、2桁増を達成している。

ランボルギーニ・ウルスランボルギーニ・ウルス

なお、ランボルギーニの2019年の世界新車販売台数は、新記録となる8205台。前年比は43%増と大きく伸び、9年連続で前年実績を上回っている。

《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー】軽の受賞は史上初、EV『日産サクラ/三菱eKクロスEV』が大賞…輸入車はヒョンデに
  2. メルセデスベンツの新モデル『CLE』、2023年1月デビューか? PHEVを初スクープ
  3. 「新時代のモビリティサービスが紡ぐ未来」車載システムをテーマに清水和夫氏らの対談も…最新技術が集結する「Sky Technology Fair」11月7日からPR
  4. 鉄チンルックの軽/商用バン向けビンテージアルミ、「XTREME-J JOURNEY」発売へ
  5. トヨタの新世代EV「bZ」、第3弾は小型SUV…コンセプトカーの新写真
  6. 日産サクラとeKクロスEV、「今年の車」三冠達成[新聞ウォッチ]
  7. アバルト初のEV『500e』、加速性能はクラス最高[詳細写真]
  8. 幻の最軽量ポルシェが50年ぶり復活!? ヘリテージ第2弾『911 ST』実車をスクープ
  9. 日産『GT-R』のV6ツインターボを700馬力に、「プラーガ」の新型ハイパーカー[詳細写真]
  10. メルセデスAMG「S63」新型、史上最強の『Sクラス』に…PHEVで802馬力
ランキングをもっと見る