アジア初のプライベートサーキット、千葉・南房総に誕生 2022年末開業

THE MAGARIGAWA CLUB
THE MAGARIGAWA CLUB全 7 枚写真をすべて見る

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、アジア初の会員制ドライビングクラブ「THE MAGARIGAWA CLUB」を2022年末(予定)、千葉県南房総市に開業する。

コンセプトは「どのサーキットにも似ていないコースを持つ、世界に唯一のドライビングクラブ」。東京都心や羽田空港、成田空港から車で約1時間の立地で、富士山と東京湾を望みながら運転を心から楽しむことができる会員制のドライビングクラブとなる。

全長3.5kmのコースは、F1サーキットの設計を一手に引き受けるティルケエンジニアリングがデザインを担当。日本で初めてゼロからデザインをし、峠道のような上り20%、下り16%勾配、未知のスピードを体験できる800mのストレートを持つ、チャレンジングかつ安全に走りに集中できるコースとなる。

コースは会員の愛車で走行できるほか、プロドライバーによるプライベートレッスンも受けることができる。ピットビルディングは最大36台のピットインが可能。空調設備を完備するほか、給油ステーションや専属のサービスマンによる走行前後の点検で快適な走りをサポートする。

クラブハウスは、日本の伝統建築とモダンの要素を融合したデザインとなり、ドリンクを片手にくつろげるバーラウンジやコースを走る車を眺めながら食事ができるレストラン、子どもが安心して遊べるファミリーラウンジを備える。さらに、アウトドアタイプの遊び場や、ドッグラン、自然の中を歩いてピクニックもできるトレッキングコースなど、様々なアクティビティも併設。また、フィットネスジムや25mプール、スパ、天然温泉で体を休めリラックスすることもできる。

2台から4台まで駐車可能なプライベートパーキングとダイニングスペースには、広々としたリビングやテラスを備える。また、愛車を最適な環境で保管するために、長期保管ガレージを用意。車両の保管に適した温度・湿度に整え、セキュリティ万全な空間の中で熟練のメカニックの手により、愛車をいつでも走行可能かつ最適な状態に保つことができる。

なお、初期募集枠の会員権はすでに完売している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ロールスロイス Dusk in Tokyo Collection
  • コーンズ・リザーブ
  • ロールスロイス・ゴースト・ゼニスコレクション
  • ベントレー東京世田谷
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ