OKI、EV・HV搭載機器向けの高電圧遮へい電源システムによるEMC試験サービスを開始

高電圧遮へい電源システム
高電圧遮へい電源システム全 1 枚写真をすべて見る

OKIエンジニアリング(OEG)は、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)に搭載される車載機器を対象とした高電圧遮へい電源システムによるEMC試験サービスを8月14日より開始する。

環境への配慮から電動車へのシフトが進む中、そのコア技術であるモーター、バッテリー、インバーター、DC-DCコンバーター、コントロールユニットなどは、効率良くエネルギーを使用するために高電圧化が進んでいる。車載機器の高電圧化に伴い、車載用ハーネスも従来の低電圧対応のものに加えて高電圧対応のものが使用されるようになり、高電圧側のハーネスから発生する電気的ノイズ(エミッション)が低電圧側のハーネスに干渉することによって車載機器に与える影響を調べるEMC試験の需要が増加している。

このような状況をふまえOEGでは、1000Vの双方向高電圧直流電源と高電圧用疑似回路網、および、電磁波の侵入・漏洩を遮断するシールドボックスを導入するとともに、EV・HV向け高電圧電源製品の評価方法を定めた国際規格「CISPR25:2016 Annex I」を熟知した技術者を育成。ALSE法による放射エミッション試験、および電圧法・電流法による伝導エミッション試験など、同規格に対応した高電圧遮へい電源システムによるEMC試験の実施を可能とした。

高電圧遮へい電源システムは、試験品をシールドボックス内部に設置した高電圧用疑似回路網に接続して車体を模した銅板上に置き、双方向高電圧直流電源から高電圧用疑似回路網を介して電流を流すもの。これにより、外部からの影響を排除しながら、高電圧用のハーネスと低電圧用のハーネス間で発生するノイズ干渉が車載機器に与える影響を調べる。

OEGはEV・HVの開発を支援する新しいサービスとして、今年度1000万円の売り上げを目指す。また、今後も試験技術の向上や設備の充実を図り、認定試験所として対応範囲拡大を進め、製品の開発・製造・販売を支援していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プロジェクションアッセンブリーシステム運用現場
  • 低温塩水サイクル試験の様子
  • KFC相模原中央店
  • 高周波測定機器校正の様子
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ