マセラティ 3車種にフェラーリ製の580馬力V8ツインターボ搭載…「トロフェオ」発表

ギブリは0~100km/h加速4.3秒で最高速326km/h

ローンチコントロール機能を備えたコルサモード

高性能モデルらしい専用のエクステリア

10.1インチの大型マルチメディアスクリーン

マセラティ・トロフェオの3モデル
マセラティ・トロフェオの3モデル全 35 枚写真をすべて見る

マセラティ(Maserati)は8月10日、『ギブリ』、『クアトロポルテ』、『レヴァンテ』の高性能グレード、「トロフェオ」をデジタルワールドプレミアした。

トロフェオは、マセラティの高性能モデルだ。2018年春、米国で開催されたニューヨークモーターショー2018において、『レヴァンテ・トロフェオ』が初公開されている。同車は、レヴァンテ初のV型8気筒ガソリンエンジンを搭載し、そのエンジンは、イタリア・マラネッロでフェラーリによって組み立てられた。

マセラティは、最新のレヴァンテに加えて、ギブリとクアトロポルテにもトロフェオを設定し、デジタルワールドプレミアした。ギブリとクアトロポルテにトロフェオが用意されるのは、今回が初めてだ。

ギブリは0~100km/h加速4.3秒で最高速326km/h

3.8リットルの排気量を備えたV型8気筒ガソリンエンジンは、2個のターボで過給され、最大出力580hp、最大トルク74.4kgmを獲得する。この強力なパワーは、インテリジェントなAWDシステム「Q4」を介して、路面に伝達される。トランスミッションは、ZF製の8速ATを組み合わせた。

動力性能は、レヴァンテが0~100km/h加速4.1秒、最高速302km/hだ。ギブリの場合、0~100km/h加速4.3秒、最高速326km/h、クアトロポルテの場合、0~100km/h加速4.5秒、最高速326km/hのパフォーマンスを発揮する。マセラティによると、326km/hの最高速は、史上最速のマセラティセダンになるという。

このV8ツインターボエンジンは、イタリア・マラネッロのフェラーリ工場でマセラティの仕様に合わせて製造されており、手作業で組み立てられる。

ローンチコントロール機能を備えたコルサモード

車両統合制御システムの「IVC」を搭載する。これにより、走行安定性とドライビングダイナミクスがさらに向上し、パフォーマンスと安全性も引き上げている。

ローンチコントロール機能を備えた「Corsa(コルサ)」と呼ばれるドライビングモードを採用する。コルサモードでは、エンジンレスポンスとエグゾーストバルブの開閉タイミングをコントロールするとともに、よりクィックなギアシフト、スポーツモードでのエアサスペンションレベル、よりスポーティなスカイフックダンピング、最適化されたQ4システムなどに変化する。トラクションコントロールとESPシステムとの相乗効果により、運転の歓びを最大限に高めているという。

高性能モデルらしい専用のエクステリア

エクステリアには、高性能モデルらしい演出が施される。フロントグリルにはピアノブラックで仕上げられたダブルバーティカルバーが配された。フロントエアダクトトリムやリアのエクストラクターは、軽量なハイグロスカーボンファイバーで仕上げられている。

また、サイドエアベントの下側には赤いアクセントが、Cピラーのトライデントエンブレムにはライトニングボルトが配されている。リアは、ライトクラスターのデザインを一新した。『3200 GT』と『アルフィエーリ』コンセプトカーに触発されたブーメランのようなデザインを採用している。

ギブリは、ボンネットも新設計された。レヴァンテと同様に、2つのエアダクトがエンジンの冷却効果を高めている。ギブリとクアトロポルテには、21インチの「オリオン」アルミホイールを装着した。22インチのオリオンホイールは、レヴァンテにオプションとなる。

ボディカラーは、イタリア国旗をモチーフにした。クアトロポルテにはグリーン、レヴァンテにはホワイト、ギブリにはレッドを用意する。磨き上げられたクロームと光沢仕上げのレッドトリムが添えられる。

10.1インチの大型マルチメディアスクリーン

インテリアは、専用のインターフェースを表示する新設計のオンボードパネルを採用する。スポーツシートには、最高級のフルグレインレザーの「ピエノ・フィオーレ」を使用した。ヘッドレストには、「Trofeo」のロゴが刺繍される。このピエノ・フィオーレは、これまで自動車のインテリアに使用されてきたようなレザーの質を大きく超え、その柔らかな質感は時間とともに独特の風合いを見せるという。

ギブリとクアトロポルテの「MIA(マセラティ・インテリジェント・アシスタント)」は、アップグレードされた。新たに、10.1インチの大型マルチメディアスクリーンを採用する。レヴァンテは、引き続き8.4インチのディスプレイだが、解像度とグラフィックスを向上させた。さらに、最新の「Maserati Connect」プログラムによって、コネクティビティを追求している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV