お盆期間の高速道路、交通量3割減…30km以上の渋滞は8割減

NEXCO3社と本州四国連絡高速道路は8月19日、お盆期間(8月7~16日)における高速道路および国道の交通状況(速報値)を発表した。

それによると、全国の高速道路の主な区間の単純平均から算出した、お盆期間中の交通量は前年比33.3%減の3万2000台/日。最大日交通量は同36.8%減の3万6800台/日だった。

高速道路における10km以上の渋滞は同65.8%減の149回。うち30km以上の渋滞は同84.6%減の6回だった。渋滞の最長は、8月16日18時25分頃、中央道上り線・日野バスストップ付近で交通集中および故障車により発生した43.3kmだった。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

Response.TV