建設機械を自律運転化するシステムプラットフォーム 日立建機が開発

自律運転建設機械のシステムプラットフォームの概要
自律運転建設機械のシステムプラットフォームの概要全 2 枚写真をすべて見る

日立建機は8月19日、自律運転建設機械の開発と、機能拡張を容易にするシステムプラットフォーム「ZCORE」(ズィーコア)を開発したと発表した。

ZCOREは機械システムが「認識・判断・実行」できるように、必要なセンサーや情報システムを容易に実装し、協調安全と高度な自律運転の両立を図ったシステムプラットフォーム。

車体に取り付けた複数のセンサーの情報を、通信ネットワークを使って収集し、行動を判断する「情報処理プラットフォーム」と、判断に従って建設機械の油圧機器や動力機器を適切に動かす「車体制御プラットフォーム」で構成する。

ZCOREを活用することで、迅速に自律型建設機械を開発できる。外部環境や建設機械の状態を計測する各種センサーなどを容易に接続できることからニーズに応じて容易に機能拡張できるとしている。

同社では今後、油圧ショベル、ホイールローダ、ダンプトラックなどの自律型建設機械に、ZCOREを適用する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 10月1日より販売する1/50スケールのミニチュアモデル(上段)ZX140-6、(下段)ZX350LC-6、ZX690LCH-6 ※実機はいずれも国内未発売で海外仕様の製品
  • 実証実験で使用する予定の超大型油圧ショベルEX3600-7(右)
  • 埼玉西武ライオンズ(ネイビー)
  • プロ野球球団カラーのミニショベルとミニホイールローダ
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV