三陸鉄道×レイ・フロンティア、「さんてつアプリ」の配信開始

さんてつアプリ
さんてつアプリ全 2 枚写真をすべて見る

レイ・フロンティアは、三陸鉄道の利便性向上と健康促進を目的とした「さんてつアプリ」の配信を開始した。

現在、世界中の都市部でデジタル化が進んでおり、人々の都市構造や生活様式が大きく変化しつつある。国内の地方自治体は、そのような社会変化に備え、地域住民の交通手段変化への対応、高齢化社会に備えた健康促進施策、効率的な災害情報を含めた地域情報のデジタル発信が重要となる。

今回、レイ・フロンティアは、リアルタイムでの運行情報等の確認機能、健康促進に役立つ「三鉄応援機能」を含んだ、位置情報分析プラットフォーム「SilentLog Analytics」を活用した法人および地方自治体向けのアプリサービスを提供する。

さんてつアプリでは、徒歩と三陸鉄道の乗車、同社が主催する各種イベントの参加がポイントとなり、貯まったポイントで三陸鉄道グッズが当たる抽選に応募できる。また、三陸鉄道からの重要なお知らせや、さんてつや(三陸鉄道直営店)からのお得な情報もアプリに表示される。

さらに三陸鉄道の列車の運行状況が確認できるほか、三陸鉄道の各駅ごとの時刻表も駅名入力または現在地からの検索で確認できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ