EVを活用したウィズコロナ時代の旅 日産×近畿日本ツーリストが販売

‘E’Vacation(イメージ)
‘E’Vacation(イメージ)全 4 枚写真をすべて見る

日産自動車と近畿日本ツーリストは、電気自動車(EV)を活用した旅行商品「‘E’Vacation(いい休暇)」を共同企画・商品化。9月1日より近畿日本ツーリストにて販売を開始した。

ウィズコロナの時代では、人混みを避けながらの自動車での旅行スタイルに支持が高まっている。コロナ禍における新しい旅の形として今回発売する商品は、日産自動車が展開するカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」を利用し、神奈川県・静岡県内のEV用充電器が設置してある旅館・ホテルに宿泊するというパッケージ企画。

ガソリンをまったく使わないEVでの旅行は、ホテル滞在中に充電できるため、旅先での時間を有効活用できることに加え、CO2を排出ゼロであることで観光地の環境にも配慮した旅を実現する。

‘E’Vacationは、神奈川県内33か所のNISSAN e-シェアモビステーションから出発。宿泊先には、近郊で楽しむ昨今の旅先ニーズにあわせ、感染症防止対策を講じた神奈川県・静岡県の3軒の旅館・ホテルを用意した。設定期間は9月16日~12月30日出発。箱根高原ホテルを利用し、EVを30時間利用した1泊2日の場合、旅行代金は1人1万4800円~6万0800円(1室2名利用の場合)。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV