KTM 890デュークR、ミシュランの公道走行可能なサーキット用タイヤを採用

ミシュラン・パワーカップ2
ミシュラン・パワーカップ2全 3 枚写真をすべて見る

日本ミシュランタイヤは9月9日、公道走行可能なサーキット用スポーツタイヤ「パワーカップ2」がオーストリアのスポーツモーターサイクルメーカーのKTMの新型ネイキッドバイク、KTM『890デュークR』向けに提供開始したと発表した。

「パワーカップ2」は公道走行可能なサーキット用スポーツタイヤで、レースからサーキット走行までよりアグレッシブなライディングを楽しむために開発した。タイヤ中央部とショルダー部で異なるコンパウンドを1本のタイヤで使い分けるテクノロジーを採用した。最適化を図った配合率のシリカコンパウンドとカーボンブラックを適用した。

KTM 890 デューク Rの特徴であるパワフルでトルクフルな性能を引き出すことに貢献するとしている。

供給するタイヤのサイズはフロントが120/70 ZR 17、リアが180/55 ZR 17。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS
  • ヤマハ トリシティ300 ABS
  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ

ピックアップ

Response.TV