【東京キャンピングカーショー2020】リモートワークやシェルター、新たな活用法 9月19-21日開催

東京キャンピングカーショー2020
東京キャンピングカーショー2020全 8 枚写真をすべて見る

キャンピングカーの新たな使い方に注目が集まっている。東京キャンピングカーショー2020実行委員会は、最新・人気のキャンピングカーが集結する展示会「東京キャンピングカーショー2020 in 幕張メッセ」を9月19~21日の3日間、幕張メッセ(千葉市)で開催する。

日本RV協会のアンケートでは、新型コロナウイルス感染症流行に伴う緊急事態宣言発令後のキャンピングカーの使い方として、「車内でテレワークをした」という回答が多数寄せられた。キャンピングカーはサブバッテリーから電源が取れ、ノートPCなどを使用できる勤務の場所になる。また、外部と遮断された状態で旅行できる道具なので、感染リスクを避けながらアウトドアライフを楽しむこともできる。

日本RV協会の調査によると、2019年のキャンピングカー総売上合計金額は過去最高の526億2577万円に達した。過去10年の出荷台数も右肩上がりだという。保有台数も年々増加し、2019年は過去最多の11万9400台に達した。

多様化するライフスタイルに合わせて、様々なキャンピングカーが毎年登場している。東京キャンピングカーショー2020でも、ソロキャンパーに人気の、コンパクトながら高い収納性を兼ね揃える軽タイプや、大人数で使用できるキャブコンタイプ、ラグジュアリーな大型輸入車といった、多種多様なキャンピングカーが展示される予定だ。

車両出展数は35社・125小間・115台の予定。2019年の58社・210小間・181台からは規模が大きく縮小している。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV