NVIDIA、ソフトバンクグループからアームを買収…自律走行車向け事業など強化

NVIDIAがアームを買収
NVIDIAがアームを買収全 1 枚写真をすべて見る

NVIDIAは9月14日、ソフトバンクグループの半導体会社アームから400億ドル(約4兆2000億円)で買収することで最終合意したと発表した。

アームはソフトバンクが2016年に約3兆3000億円で買収した。ソフトバンクグループは投資先の業績不振や保有株の株価低迷などで業績が悪化、資産の売却を進めている。大型買収だったアームを売却することで財務体質の改善を図る。

NVIDIAは、AIコンピューティングプラットフォームと、アームのCPUによる広大なエコシステムを融合することで、イノベーションを加速、AI時代のコンピューティング業界をリードする。クラウドやスマートフォン、PC、自律走行車、ロボティクスをエッジIoTへと進化させる。

また、ソフトバンクグループは今後、NVIDIA株式を保有することで、アームとの関係を継続する。株式保有比率は10%以下を見込む。

アームは今後も英国ケンブリッジを本拠とする。拠点を拡張して ワールドクラスのAI研究施設を立ち上げ、ヘルスケア、ライフサイエンス、ロボティクス、自律走行車などの開発を支援する。世界中の研究者・科学者を誘致して、画期的な取り組みが実施されることを目指してNVIDIAはアームのCPUを搭載した最先端のAIスーパーコンピュータを構築する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタルが車両のAIシステム開発用にエヌビディアの技術を導入した構築した自社のスーパーコンピューター
  • メルセデスベンツとエヌビディアの次世代自動運転技術の共同開発イメージ
  • BMWグループとエヌビディアが協力して開発した物流ロボット
  • カルマオートモーティブのレヴェーロ GT(参考画像)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ