今秋発表のハマーEV、「カニ」モードで走る?…ティザーイメージ

GMC ハマー EVのティザーイメージ
GMC ハマー EVのティザーイメージ全 3 枚写真をすべて見る

GMのGMCブランドは9月10日、今秋ワールドプレミアする予定の『ハマーEV』(GMC Hummer EV)の新たなティザーイメージを、公式ツイッターを通じて公開した。

GMCハマーEVは、2010年にブランドが廃止された「ハマー」にとって、およそ10年ぶりの復活となるモデルだ。新型ハマーはGMCブランドの車名となり、電動ピックアップトラックとして登場する。

GMCハマーEVの EVパワートレインのモーターは、最大出力1000hp、最大トルク1590kgmとパワフルだ。この効果で、0~96km/h加速3秒の性能を発揮する。車台には、GMの次世代グローバルEVプラットフォームを使用する。

GMCは今回、このハマーEVの新たなティザーイメージを公開した。カニのイラストと、ハマーEVの文字が確認できる。

GMの次世代グローバルEVプラットフォームGMの次世代グローバルEVプラットフォーム

ハマーEVには、「クラブモード」が採用されるとの噂がある。カニは英語で「クラブ」であることから、ティザーイメージは、ハマーEVのクラブモードを指している可能性がある。なお、クラブモードは、4輪ステアリングシステムと見られている。

GMの次世代グローバルEVプラットフォームGMの次世代グローバルEVプラットフォーム

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ