【スバル レヴォーグ 新型】アイサイトのイメージセンサー、オン・セミコンダクタ―が供給

スバル・レヴォーグ新型
スバル・レヴォーグ新型全 4 枚写真をすべて見る

オン・セミコンダクターは9月24日、スバルの新型先進運転支援システム「アイサイト」のカメラに、オン・セミコンダクターのイメージセンシング技術が採用されたと発表した。

新型アイサイトは四輪駆動スポーツツアラーである『レヴォーグ』の2020年モデルに初めて搭載される。

新型アイサイトは、ステレオカメラ・アーキテクチャを継承し、アダプティブ クルーズコントロール、レーンキープアシスト、プリクラッシュブレーキなど、さまざまな先進運転支援機能を実現する。前バージョンのアイサイトと同様、オン・セミコンダクターのイメージセンシング技術が、これら安全機能を有効にする「眼」の機能に貢献するとしている。新世代「アイサイト」は、アクティブレーンチェンジアシストやドライバー異常時対応システムなどの機能を追加する。

スバルでは、オン・セミコンダクターのイメージセンシング技術が高解像度で自動車の画像認識性能を最適化できるとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV