フロンテやミニカ、サンバーなどが集結…昭和平成の軽自動車展示会

昭和平成の軽自動車展示会
昭和平成の軽自動車展示会全 26 枚写真をすべて見る

埼玉県羽生市にある農林公園「キヤッセ羽生」で10月4日、「昭和平成の軽自動車展示会」とアンダー1000ccの集いが行われ、懐かしい軽自動車から少し新しめのスモールカーなどが集まった。

5月に開催予定されていたが、コロナ禍でこの10月に延期されたもの。基本は軽自動車の集まりだが、ほとんどの旧車イベントが中止となったこともあり、今回は主催者(日本旧軽車会)の計らいで軽以外の日産『スカイラインGT-R』や『ブルーバード』などの普通車も参加した。

この日の中心は、排気量が360ccだったころの軽自動車。2代目のスズキ『フロンテ』は昨年に続いて愛媛県から片道1100kmを下道でやって来たというから恐れ入る。同型のフロンテは山形(こちらも下道で)、埼玉からも参加。LC10型が3台集まるのは今や珍しい光景ではないだろうか。『フロンテクーペ』と『セルボ』も合わせて10台が集まり、”2スト談議”に花が咲いていた。

ホンダ勢も『N360』や『Z』『ライフ』『ステップバン』『バモスホンダ』などが参加。いずれも小さなボディに様々なアイデアを盛り込んだミニカーばかりだ。ノッチバックでリアトランクを持つ初代三菱『ミニカ』や初代ダイハツ『フェロー』はほとんどオリジナル性を保持。三角窓とセンターピラーのない、フルオープンの『フェローMAX』ハードトップの姿もあった。

このほかにもスバル『サンバー』や『レックス』、スズキ『マイティボーイ』『ジムニー』『カプチーノ』、ホンダ『ビート』、ダイハツ『ミラ・ウォークスルーバン』など、かわいらしい車が並んだ。軽自動車ではないが、超レアだったのはアメリカ製のコンパクトオープンであるAMC『ナッシュ・メトロポリタン』。右ハンドルにオートマ仕様なのは、オリジナルパーツがないため”中身”をダイハツ『テリオスキッド』に換装したということで2度びっくりであった。

《嶽宮 三郎》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV