BMW X4 Mパフォーマンス 改良新型を初スクープ!室内外を大刷新へ

BMW X4 M40i 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW X4 M40i 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)全 8 枚写真をすべて見る

BMWのミッドサイズ・クーペSUV、『X4』改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」カメラがキャッチ。先日の『X4M』に続いてのスクープだ。

ドイツ・ミュンヘンにあるBMWテクニカルセンター付近で捉えたプロトタイプは、ドアが大きくへこみハードなロードテストの後が伺える。ウィンドウには08/21のステッカーが貼られているが、これは生産開始などの日程を示すものと思われる。

フロントエンドは厳重にカモフラージュされているが、大型化されたキドニーグリルを確認できる。「M135iハッチバック」、「M235iグランクーペ」、「M340iセダン/ワゴン」など「Mパフォーマンス」と共通するドットパターンのグリルを装着していることからも、Mパフォーマンスの「M40i」の可能性が高い。

またスリムなヘッドライト、新設計されたエアインテークを備えるバンパーを装備、フォグランプを再配置するなど、フロントマスクを大幅に新設計する。先日捉えたX4Mがクワッドエキゾーストパイプを装備しているのに対し、こちらは角張ったタイプが見てとれる。

室内では、より大きなディスプレイを備えたインフォテインメントシステム、新しいiDriveコントローラーとギアシフターを備えたセンターコンソールと一緒にアップグレードされると予想される。

X4改良新型のパワートレインは、エントリーモデルに2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ/ディーゼルターボエンジンをラインアップするほか、最高出力382hp、最大トルク500Nmまで高められた3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジン搭載「M40i」を設定、8速ATと組み合わされる。

0-100km/h加速は4.4秒、最高速度250km/h(電子制御)のパフォーマンスを発揮する。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV