さらばV8!? メルセデスAMG C63 次期型、2リットル直4+モーターのPHEV化か

メルセデスAMG C63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスAMG C63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 14 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツは現在、主力モデル『Cクラス』次期型を開発しているが、その頂点に君臨する最強モデル『AMG C63』市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

ニュルブルクリンク・ノルトシェライフェテストセンター出入り口で捉えたプロトタイプは、初期テスト車両のため、ボディを厳重にカモフラージュしている。しかし、AMG定番の「パナメリカーナグリル」を備え、ワイドなホイールアーチが確認できる。

また多くのエアインテーク、フロントには大型のベンチレーテッドディスクブレーキ、キャリパーを備えているほか、リアエンドにはAMGの象徴、スポーツクワッドエキゾーストシステムがインストールされている。

室内ではMBUX2.0を装備したインテリア、ベースモデルのCクラス同様に新型『Sクラス』に倣ったデザインが採用されるだろう。

最大の注目は長いボンネットフードの下に隠されたパワートレインだ。現行型では、4.0リットルV型8気筒ツインターボガソリンエンジンを搭載、最高出力は476psを発揮するが、次期型では『AMG A45S』に搭載されている2.0リットル直列4気筒エンジンを流用。電気モーターと組み合わせることにより500ps以上を発揮するPHEVへと進化が予想される。またAMG C63初の「4MATIC」システムがオプション設定されると思われる。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV